2012年05月28日

例大祭新刊における、不備について

例大祭お疲れ様でした!
無事家に帰ってまいりました。

ゆっくりとイベントや、本についての感想を述べたいところなのですけれども、取り急ぎ報告しなければならないことがありますため、少しばかりつらつらと書かせていただきます。

例大祭新刊「ANSWER」について。

今回、頒布した本についていくつかの不備が出ております。
手元の本を、一度確認していただければと思います。


1・帯がない事例

今回の新刊は帯付きなのですが、何冊か帯がないものが確認されています。
途中からチェックを入れて並べないようにはしていたのですが、気づくのに時間がかかったこともあり、数冊は皆様の手元に渡ってしまったかもしれません。
気づかずに頒布してしまったという可能性もなきにしもあらずなので……


2・ミシン目が破れやすい。

相当の報告を受けております……
頒布中見本誌を置いていたのですが、数回見本誌として使うとミシン目が全て勝手に切れていくくらいなので、イベント中という戦場の中での本の扱いを考えると、ミシン目が読む前に切れている場合があってもおかしくはありません。
現に袋とじが全て破れていたという報告も、入ってきています。
これに関しては扱いを注意してくださいと私から言う以外になく、頒布前に発覚していればよかったのですが、現地での遅い時間にわかってしまったこと、偶然ではなく全ての本がそういった状態であることを把握しきれず後手後手に回ってしまいました。
一番見て欲しいところであり、一番期待されていた部分ということもあり、たくさんの声が届いております。
大変申し訳ありませんでした。


3・落丁

袋とじを開けた時、その紙が糊付けされておらずに落ちてしまう事例が確認されています。
これ自体は今のところ報告は少ないのですが、まだミシン目を開けていない人が多いということもあり、これから増える、多くの本がそうである可能性も否定はできません。
また2の事例と合わせて、知らぬ間に袋とじの外装だけがどこかにいってしまうという場合もあります。
ご注意願います。



これらの事例に関しまして、1と3では本の交換をしたいと思います。
残念ながら2は本の強度の問題もあり、交換しても変わらない点、また既にミシン目が切れていた方が非常に多く、交換しても追いつかない点を含めまして、出来かねると考えます。
これについては本当に残念かつ申し訳ないのですが、コストの面から言っても再販は難しく、現状注意喚起のみを行うことしかできません。
同じように3の現象がどれくらい起こるのかもわからず、こちらでも非常に迷っている次第ですが、あまりにも多いという報告が上がらない限り、3は交換対象と致します。

連絡は、sirakamisanti.met○gmail.com まで、また報告等ありましたら、Twitterの方でも知らせていただけると助かります。


重ね重ね、本当に申し訳ありませんでした。
出来る限りの対応をさせていただきたく思います。

posted by 白上めりと at 23:28| Comment(3) | TrackBack(0) | 同人
この記事へのコメント
例大祭にてANSWERを買い既刊は東京カノン、忘遊アンダーワンダーランド、二人の明星を持っているのですが、これ以外の作品で話が繋がっている作品を教えてほしいです。
ANSWERを読む前に読み返したいのですが迷っています。
お願いします。
Posted by at 2012年06月10日 10:44
解決しました。
無礼な書き込み申し訳ありませんでした
Posted by at 2012年06月15日 09:54
コメントに気付かず申し訳ありませんでした……!

次の記事を参照願います!
Posted by めりと at 2012年07月04日 17:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/56121150

この記事へのトラックバック