2012年09月12日

秘封オンリーお疲れ様でしたー

秘封オンリー、境界から視えた外界 -廻-、お疲れ様でした。

いやあすごかったです。
楽しかったです。

だって、右を見ても、左を見ても、秘封倶楽部ばかりなんですもの!

まあ参加してくださった方には、あまり多くを語らなくてもいいでしょうね……。
書くのめんどくさいだけだろ! って言わないでくださいごめんなさい……。


とりあえず、私は部13という配置でした。
実際にここに配置されて見ればわからなかったのですが、後ろのサークルさん達の化け物ぶりェ……
特にあれですよ。
秘封病学会とかいうアレ。

なんなんアレ頭おかしすぎっていうか、開場と同時にほぼ全員そこに集まったもんだから、笑いが止まりませんでした。
そして私はその裏なわけです。
モラトリアムを買った人達が、こっちにくるわけですよね。
道理ですね。
あなたもそうでしたか?

ええ、荒御霊と白上さん家とロマンチックメロウは人波に押し潰されていました。
まあその後落ち着いたのでよかったですが、大きなイベントよりよっぽど忙しかったですww

とりあえず、当日のことを全部書いていたら面倒くさい大変なので、自分の本の話をしたいと思います。

はい。

新刊を手に取ってくださった皆様、ありがとうございました。
当日まで情報をふせまくっていた新刊、「寿」。おかげさまで好評……というか、ウケは狙えたみたいでよかったです。

委託がないのを忘れていて刷りすぎましたが、私は元気です。

表紙のインパクト。
口絵。
遊び過ぎた本文。
これらが相まって、皆さんにちょっと笑顔を届けられたようで何よりです。

マジキチじゃねえって……

まあでも委託もしてないんでね。「行けなかったよチクショウ」って人にあまりベラベラくっちゃべるのもよくないですから。
うん、ほんとあれは画像とかではなくて、実際に手にとってみてほしいんですよね……。


そして、秘封モラトリアム。
前述のようにたくさんの方に買っていただけたようで嬉しいです。
まあ私は8ページ程度書いただけなんですけど。

それでもなぜか私が小説で一番最後になっていて、なんかもうほんとわーわー^o^
さらにその後のべにしゃけさんの漫画が素敵でわーわー^o^

なんかもうすっごいすっごいわっしょいわっしょい

あとなんだかおもしろいって言ってもらえたのでわっしょいわっしょい


サナトリウムの悲劇を知っていたので、結構気合を入れて書きましたが上手くいったようでよかったです。
しかしあの流れで書くのはひじょー……に大変なので、できればもうやりたくはありませんが……。
だって何回も何回も同じフレーズを頭でこねくり回すんですよ! 大変ですよ!

ともあれ、多くの方に楽しんでもらえたようで何よりです!


さーて次は紅楼夢ですー。
がんばるがんばる
posted by 白上めりと at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 同人

2012年09月07日

秘封オンリー告知

夏コミ終わってから、ブログも書いてなかったなぁ……

どうもすいません!
新刊の幻想復古、結構な反響をいただきまして、嬉しい限りです。

さて、今日は、秘封オンリー、境界から視えた外界-廻-の新刊情報でございます。


ええ、できました。新刊。
ちゃんと作りました。

でね?
普通ならちゃんと告知するじゃないですか。
表紙はこれです! とか、内容はこんなのです! とか、特設はこれです! とかね。

今回、そういうのは一切なしです。
タイトルは内緒です。
表紙絵師さんも内緒です。
版型も内緒にしておきます。

しかしそれじゃあマズイだろう、お前頒布する気があるのか。
どんな判断だ。印刷費をドブに捨てる気か。
と、聞かれましたら、返す言葉がありません。

ですので、まあどんな本かって言うのをね。これを作った経緯めいたものと共にだ、ちょっと書いておこうかなと。

まずね、めりとさんはこの一年以上、ずぅっと長編書いてました。
で、ちょっと思ってしまったわけです。
「ああ、そろそろなんも考えずに、お気楽な本作りたいなー」と。
まあ幻想復古も私のパートは「かわいく楽しく」をコンセプトに書いてたのですが、それでもあれは真面目です。
もっとそういうのではなくて、肩の力を抜いたものを書こうとね。
スリブラは置いておくんだ。

まあご存じの通りあまり時間もありませんでしたので、自分の中でこんな取り決めをしました。

「低姿勢、低コスト、最低」

三低ですね。
水曜どうでしょうみたいです。

実際真面目な話、ページ数がかさむと共に頒布価格が上がってしまい、最近はそれが悩みのタネだったりしました。
なので、600円くらいで作れるようにしよう! と思い、今回の本を書きました。

実際は手違いで700円になってしまった。

まあそんなお気楽な本ですよ、とそういうことです。


で、内容なんですけども……これは
サークルカットを見てください。
の一言に尽きますね。はい。
全部そこにあるんでね。来られる方はちゃんとカタログを買っていただいて、カットを確かめていただければなと。
もう内容バレバレやないか


まあアレです。
最近できることが多くなったので、「割と全力でふざけてみました」。そんな本です。
頑張ってふざけました。

頒布価格は700円。
内容はカットの通り。
後は、実際に現地に来ていただいて、確かめてみてください。
もう表紙を見た瞬間「なんだこれ」って言うこと請け合いです。
楽しみにしていてくださいね!


とりあえず、今回の本でデザインしてくれたきぃさんが瀕死になりました。
みなさん、きぃさんを労ってやってください。


スペースは、部13です。
ロマンチックメロウさんと、荒御霊さんの間になります。
何このスペースちょーこえーよ……



※追記

今回委託はなしですー。
というか、これを委託する勇気がない……((


ここまで個人誌



ここから合同誌




ヤツが帰ってきた。
いやもうみんな知ってるでしょうから面倒な前置きは置いておきます。

また、オンリーに秘封病学会がやってきました!
今度のテーマは学生だ!
モラトリアムだ!
学生ニートだ!

というわけで、秘封倶楽部合同誌、「秘封モラトリアム」に寄稿しました。
いやあ頑張った。頑張りましたよ。
テーマが学校生活ということで、手持ちのネタに学生らしさっぽいものがなかったものですから、うっかり真面目に書いてしまいました。
正直これと個人誌が正反対すぎて困る。

個人的には「よくできたー。余は満足じゃ」というものなので、読んでいただければ幸いです。
まあ結局それって自己満足だったりそうでなかったり。
書くのが異様に大変だったので、もうしたくないな……。


というわけで、はいこちら。

http://222.chaso.net/

笑いあり!
ちゅっちゅあり!
そんな秘封倶楽部合同誌。

読んでね!


では当日お会いしましょう!
ああ楽しみ!
posted by 白上めりと at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 同人